練習内容

[HOME]

 

   通常練習内容

  

   前半     準備運動    :    ラジオ体操

      (約1時間)                                  マラソン

                          腕立て伏せ

                          スクワット

                          など

           柔軟運動    :    開脚

                                                            脚の筋を伸ばし

                          ほか全体の柔軟運動

                    

           基本稽古    :    爪先立ちで手をグーパー

                          挨拶

                          中段突き

                          正面蹴り 下段

                          足刀蹴り 下段

                          回し蹴り   下段

                                                 正面蹴り 中段

                          上段手刀打ち 

                          足刀蹴り 中段

                          空間突き

                          上段・中段回し蹴り

                          連続突き

                          1,2,3でジャンプして回る

 

           上級基本稽古 :    後ろ回し蹴り

            (黄色帯以上)       螺旋手刀打ち

                          自然立ちで回し蹴り・足刀 

                                      -----休憩-----  5分位

          

           前進後退   :     中段横突き           

           (移動練習)       上段手刀打ち

                         中段追い突き

                         正面蹴り

                         足刀蹴り

                         上段回し蹴り

                         手刀受け

                         上段受け

                         中段受け逆突き

                         下段払い逆突き

                         猿臂当て

                         螺旋手刀打ち

                              白帯(特に子供)は、ここまでの練習になります

                      

                     前進後退応用:       上段手刀打ち→螺旋手刀打ち→ 螺旋手刀打ち

                         螺旋手刀打ち←螺旋手刀打ち←螺旋手刀打ち

                        猿臂当て→螺旋手刀打ち→螺旋手刀打ち

                        螺旋手刀打ち←螺旋手刀打ち←螺旋手刀打ち

                        正面蹴り→足刀蹴り→上段回し蹴り→

                                 後ろ回し蹴り→中段逆突き

                        手刀受け→上段受け→中段受け逆突き

                                                                                   →下段払い逆突き

  

                     ---休憩-----  10分位

 

 

後半               型の練習

(約1時間)       ミット蹴りの練習

             組手の練習(一定の基準に達している希望者のみ)

                 組手をやらない人は、型の練習

 

             毎月の1,3週目に型の練習

                                   2,4週目を組手の練習と一応位置づけています

 

             

                -------- 一旦終了します -----------

 

通常練習の終了後道場使用の時間内であれば自主練習は、かまいません

護身術も練習します。

 

 


: